麦茶がお星様になってしまいましたので、新しく雑種犬めんちも参加させましたの。

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
麦茶

ジャンガリアンプディングのおしゃまな女の子「麦茶」。残念ながら2005年3月31日にお星様になりました。がしか〜し!天国から執念の更新やる気満々の熱血ハムスター。

麦茶飼主

愛ハム麦茶がお星様になってしまって寂しいですが、ネコ好きは相変わらず。ネコ中心になりますが、動物関連記事を更新していきます♪

めんち

麦茶飼主のおじいちゃんの家にお世話になっている雑種犬の女の子。世話は麦茶飼主の叔母が担当。近所の猫を見ると突進して追いかけようとするオテンバちゃん。でも散歩中に他の犬と出くわすと恐怖のあまり叔母のうしろに必死に隠れるシャイガール(´、ゝ)

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2006/02/24
ついでなんだが
1140709206118116.jpg御主人ちゃまが買って来たカフェオレについてたガチャピンの写真もあったでちゅ。
だいぶ前の話でちゅがな。
(;・∀・)





1137814830310914.gif
酒屋にガチャピン・・・・
1140709033260393.jpg
謎、っていいまちゅか、
ガチャピンは怪獣の子供でちゅがなっっ
ヾ(・ω・;)ノぁゎゎ

でも、うちの近所の酒屋に居るんでちゅ。
なんで酒屋にガチャピン・・・・・・

ちなみに「いらっしゃいませ」って書いてあるカードを持ってるでちゅ。





1137814830310914.gif
2006/01/26
未知の生物は居ますか〜?
1138253536342697.jpg先日、御主人ちゃまが買ってきまちた、変な本を、こっそり見てみまちた。
(ノ´Дヾ)ママーーコワイョー!! w
こりゃまいりまちた。
怖いでちゅ。
だって、見たことない生き物がいっぱい載ってるんでちゅもん。
でちゅけど、見たって言ってる人も居るって書いてありまちた。
本当でちゅかな〜〜〜〜〜(*¬ ¬) ぁゃιぃ
北海道から順番に南に下りる順番で紹介されていまちゅので、まだ麦茶は北海道から東北あたりで止まってまちゅ。そんなにいっぺんに沢山読めないんでちゅっ!脳みそもチッコイでちゅからな。"o(`*ω*´)カチーン・・・・(自分で自分にw)


>NONちゃま
和歌山県はでちゅなあ、調べてみまちたが、すんげーいっぱい居るのでちゅよ!!!!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
よ、よ、よ、よよよよよよよよよ、よくそんな和歌山県に住んでいまちゅな・・・・・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ
と、とりあえず、怖いでちゅが、「本当にいる 日本の未知生物案内」を参照して簡単に紹介しておきまちゅ。

,しゃんぼ・・・2004年に田辺市の田んぼで謎の足跡発見。片足のみの足跡が一直線に続いていたことから、一本足のがしゃんぼではないかと言われる。
犬神?・・・2004年に田辺市で目撃証言あり。身体はイタチかフェレットよりもっと細い感じで、虎の様な縞模様があり、ムカデを咥えて走って居たと言う。
D曾叩・・・1987年、吉野郡川上村の民家の庭先で、体長80cm、細長い顔に白い産毛のような毛が生えており、足と尻尾は短く、長いツメを持つ謎の生物が、柿を食べているのが発見された。アナグマか、狐の子供が病気にかかった姿だったのでは・・・とも言われているが、過去に川上村付近の山で19舛發△觧廓が発見されていることもあり、このあたりの豊かな自然が怪しい生物を育む環境があるのかもしれない。
ぅ薀ぅン・・・1971年〜1972年丹波山中でライオンの目撃情報が相次いだ。大型の茶色い猫のような外見で、メスライオンに見えたが、捕獲はされていないという。
タ裕のミイラ・・・・和歌山県橋本市の仁徳寺には人魚の絵葉書があり、橋本市立博物館には人魚のミイラが保存されている。推古天皇時代に蒲生川で捕獲されたと言われている。
Εラス天狗のミイラ・・・御坊市の歴史民族博物館にカラス天狗のミイラが保管されている。
Г曚Δ佑鶺機ΑΑΔつて紀州の熊野浦で身体が亀で頭が人間、角が生えている、体長5.4mの怪物が捕獲された。ほうねん亀の絵は魔除けになると言われている。
大蛇・・・・・明治16年7月17日の朝日新聞には、和歌山に巡業に来ていた力士3名(功、登竜、新井川)が大蛇を退治したという報道がされている。宝暦5年には、有田郡湯浅で、体長2メートルのよく太った黒い二足の大蛇が捕獲されたという。
毛見浦の海坊主・・・明治21年12月26日の都新聞によると、三井寺付近には猿に似た怪物が里人を脅かしていたという。毛見浦でやっと捕獲されたが、体長が2.4m近くもあり、茶色い毛髪、眼は橙色。口はワニの様で、腹は魚、尻尾は海老のようだったという。体重が250キロ前後と思われ、泣き声は牛のようだったそうだ。



試しにクリック↓
1137814830310914.gif